プロスノーボーダー主催の
ハーフパイプキャンプが
開催されました!

  • HOME
  • ニュース
  • プロスノーボーダー主催のハーフパイプキャンプが開催されました!

以前、スノーボード団体オフ会参加についてのニュースで、
「スノーボードは2018年の平昌オリンピックから5種目となったウィンタースポーツ」とご紹介しました。
その5種目とは!という話題から今回はスタートします。

オリンピック競技5種目の内訳は、
パラレル大回転・ハーフパイプ・ビッグエア・スロープスタイル・スノーボードクロス。
特にハーフパイプについては、2018年平昌で平野 歩夢選手が2大会連続銀メダルを獲得し、話題になりましたね。
ハーフパイプは、円筒を半分にして横に倒したような形状をしたコースの上で、ジャンプやスピン、宙返りなどの華麗な技を披露していく美しい種目。
1979年にスノーボーダーが、雪に覆われた敷地内にあった地形を利用してスノーボードを行い、この地形が現在のハーフパイプのルーツだと言われています。

雪の上を舞うスノーボーダーの姿は、思わず息をのんで見惚れてしまいそうなほど熱く華やか。
年々人気も競技人口も上昇を続けるこの大注目のスポーツ、なんとプロのスノーボーダーがレッスンしてくれるという豪華な2日間がありました。
藤沼到プロと高橋烈男プロの2名によるコラボキャンプ。日本で唯一の人工雪で滑れる屋内ハーフパイプ施設のカムイみさかで、9/21(土)・9/22(日)に開催されました。

24歳からプロとしてスノーボード業界を牽引し続ける藤沼到プロは熱意とユーモアに溢れ、キャンプ中も周囲では笑いが絶えなかったそうです。
高橋烈男プロは、ハンドレールと呼ばれる階段の脇の手すりを擦るなどするストリートスタイルの第一人者。
さらにプロボーダーとしての活動に加え、昨年から群馬県川場スキー場でグラトリパークスクールを開校して、代表としての活動にも力を入れています。様々なスノーボードトリックが配信されるYoutubeチャンネルは、登録者数3500人以上と大人気。

そんなお二人が開催されるキャンプは、当然のごとく申し込みが殺到!大盛況となりました。

初日は基礎をしっかりと固め、2日間に渡り実際ハーフパイプの上で成果を実演する、初心者にも優しいレッスン内容。
午後はお客さんの人数が少ないため本数をたくさん練習することができる、穴場の時間帯だそう。
基礎練はもちろん、壁を選んで上級者がトリックを練習する事もあり、熟練度を問わず誰もが練習を楽しめたそうです。
これからハーフパイプを始めたい、という方にもオススメなキャンプでした。次回開催が待ち遠しくなるほどです。

2日間に渡るレッスンの後は楽しい抽選会が開催され、PHYTOGRAMギフトセットとブルーハワイが景品の一部に!
当選した方にもお喜び頂き、大成功のまま閉会となりました。

>>今回のコラボキャンプ詳細レポートと動画はこちら

 

これから各ウィンタースポーツはシーズンに向かっていきますね。
雪焼け、冷たい空気による乾燥などの肌トラブルは、PHYTOGRAMでのケアがおすすめ。
実際にスノーボーダーの方々にご愛用頂いており、キャンプ中にも話題になっていたそうで、ありがたい限りです。
今後ボードショップなどでの販売も検討していきますので、お楽しみに。
スノーボーダーの皆様が健やかな肌と笑顔で競技に臨めるよう、PHYTOGRAMは応援していきます。

 


 

藤沼到プロ公式サイト・SNSはこちら
http://www.itarufujinuma.com/
公式BLOG
Twitter:@fujinumaitaru
Instagram:fujinumaitaru
Youtube: Itaru Fujinuma

高橋烈男プロ公式サイト・SNSはこちら
http://www.reo-takahashi.com/
Twitter:@reotakahashi55
Instagram:reo_takahashi55
Youtube: 55factory

NEWS 一覧