Ingredients

-原料について-

  • HOME
  • 原料について

厳選された10種類の原材料、純国産植物エキス。

 

 

PHYTOGRAM原材料の植物について


シーベリー(北海道産)
オレンジ色のグミ科の植物。冬期の厳しい環境での凍結を防ぐために、実の中にはオイルが含まれています。
3種のビタミンA,C,Eを同一果実に多量に含む唯一の果実。200種類以上の栄養素を含みます。

鹿角霊芝(秋田県産)
β-グルカンが豊富に含まれ、鹿の角のような形をしたきのこ。古来中国より民間治療薬として利用されてきました。
霊芝の中でも1万本に1本という希少性。秋田県で無農薬栽培されたものを選びました。

茶葉(京都府産)
日本茶の高級ブランド、宇治茶。京都府南部は高地で、昼夜の気温差が激しく霧が多い気候風土のため茶葉の生産に適しており、名産地と言えます。鎌倉時代から続く方法で摘み取られた茶葉は、高級品として流通しています。

黒豆(兵庫県産)
黒豆にはリノール酸、レシチン、ポリフェノールの一種であるアントシアニンなど身体に必要な栄養素が豊富に含まれています。丹波地方では栄養価の高い黒豆を冬季に食べてタンパク質を補給する習慣があるほど。

梅(和歌山県産)
奈良時代以前より栽植されていた梅。実には身体に必要なミネラルが豊富に含まれています。その含有量はミカンやリンゴよりも多く、カルシウムに至ってはなんとリンゴの4倍。小さな実に栄養が詰まっています。

アロエ(島根県産)
島根県出雲市の専門農家「あろえん」により無農薬で栽培されたアロエベラを使用。除草や間引き、追肥等全て手作業で行い栽培されています。
その結果、肉厚で透明感と粘りがあるアロエベラが採れるようになりました。

あかもく(山口県産)
日本海、太平洋沿岸に広く分布する海藻。ぬめり成分「フコイダン」のほか、ポリフェノールやミネラルなど様々な栄養分を豊富に含んでいます。
近年美容と健康にいいとされ、健康食品としても人気が高まってきました。

よもぎ(熊本県産)
万能な山葉で日本を代表するハーブ。熊本県球磨群あさぎり町で有機栽培されたオーガニック原料です。農薬使用で生産されたものに対し収穫量が半分から3分の1しか採れない、貴重なものを選び抜きました。

沖縄もずく(鹿児島県産)
太陽の光や海水の栄養分など、もずくの養殖に適した環境で育ったものを選びました。「スヌイ」と呼ばれる沖縄もずくは、ぬめり成分の「フコイダン」の含有量が多く、ミネラルやビタミンも豊富に含まれています。

ノニ(沖縄県産)
もともとは熱帯地方や亜熱帯地方に群生する野生の植物で、果汁から作られたジュースは健康食品として人気。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維など、なんと140種類以上もの成分が含まれています。
 
 


シーベリー (北海道産)
詳しく見る
オレンジ色のグミ科の植物。冬期の厳しい環境での凍結を防ぐために、実の中にはオイルが含まれています。
3種のビタミンA,C,Eを同一果実に多量に含む唯一の果実。200種類以上の栄養素を含みます。

鹿角霊芝 (秋田県産)
詳しく見る
β-グルカンが豊富に含まれ、鹿の角のような形をしたきのこ。古来中国より民間治療薬として利用されてきました。
霊芝の中でも1万本に1本という希少性。秋田県で無農薬栽培されたものを選びました。

茶葉 (京都府産)
詳しく見る
日本茶の高級ブランド、宇治茶。京都府南部は高地で、昼夜の気温差が激しく霧が多い気候風土のため茶葉の生産に適しており、名産地と言えます。鎌倉時代から続く方法で摘み取られた茶葉は、高級品として流通しています。

黒豆 (兵庫県産)
詳しく見る
黒豆にはリノール酸、レシチン、ポリフェノールの一種であるアントシアニンなど身体に必要な栄養素が豊富に含まれています。丹波地方では栄養価の高い黒豆を冬季に食べてタンパク質を補給する習慣があるほど。

梅 (和歌山県産)
詳しく見る
奈良時代以前より栽植されていた梅。実には身体に必要なミネラルが豊富に含まれています。その含有量はミカンやリンゴよりも多く、カルシウムに至ってはなんとリンゴの4倍。小さな実に栄養が詰まっています。

アロエ (島根県産)
詳しく見る
島根県出雲市の専門農家「あろえん」により無農薬で栽培されたアロエベラを使用。除草や間引き、追肥等全て手作業で行い栽培されています。
その結果、肉厚で透明感と粘りがあるアロエベラが採れるようになりました。

あかもく (山口県産)
詳しく見る
日本海、太平洋沿岸に広く分布する海藻。ぬめり成分「フコイダン」のほか、ポリフェノールやミネラルなど様々な栄養分を豊富に含んでいます。
近年美容と健康にいいとされ、健康食品としても人気が高まってきました。

よもぎ (熊本県産)
詳しく見る
万能な山葉で日本を代表するハーブ。熊本県球磨群あさぎり町で有機栽培されたオーガニック原料です。農薬使用で生産されたものに対し収穫量が半分から3分の1しか採れない、貴重なものを選び抜きました。

沖縄もずく (鹿児島県産)
詳しく見る
太陽の光や海水の栄養分など、もずくの養殖に適した環境で育ったものを選びました。「スヌイ」と呼ばれる沖縄もずくは、ぬめり成分の「フコイダン」の含有量が多く、ミネラルやビタミンも豊富に含まれています。

ノニ (沖縄県産)
詳しく見る
もともとは熱帯地方や亜熱帯地方に群生する野生の植物で、果汁から作られたジュースは健康食品として人気。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維など、なんと140種類以上もの成分が含まれています。

PHYTOGRAMが純国産原料にたどりつくまで。

20代以上の男性の80%近くが肌に悩みを抱えている* 現代社会。 仕事上でスキルアップし、環境が変化していく中でストレスにさらされる男性の肌は、さらにシェービングによるダメージを受け続けています。
思春期ニキビを卒業し、年齢や環境に応じたケアが必要になる男性の肌をいたわりたい。そこで私たちは植物の癒しの力に着目しました。

PHYTOGRAM、その名前には「植物からのメッセージ」という思いがこめられています。
phytoとは「植物」、gramは「文書」。植物の癒しの力を育んだスキンケアを提供したい。 そう考えた時、私たちが普段から口にしている食材もまた、植物であることに気づいたのです。
そこからヒントを得てたどり着いた10種の原材料。身近に感じてもらいたいからこそ、国産を選びました。
日本古来より親しまれてきた国産植物エキスを厳選し、植物の恵みを贅沢に凝縮して使用。 「ひとつ上を行く」スキンケアの誕生です。

植物から生まれたこのアイテムを通じて、現代を生きる男性の肌をいたわること。 それが私たちのミッションです。
植物の声が聞こえてくるような、そんな毎日をお届けしたいと考えています。

*大塚製薬株式会社スキンケアに関する意識調査参照